野球脳。

プロ野球のことやパワプロやプロスピのプレイ日記を自由気ままに書いていきます。

プロスピペナント

対広島はエース同士の投げ合い!(7)

対広島の初戦は三浦VS野村(★99)のエース対決。

1回表に三浦は
丸   右2
東出 一ギ
廣瀬 中2
中島 中2(元西武。謎のカープ移籍)

栗原 三安
天谷 二ゴ
井生 右安
石原 二ゴ

という連打連打で3点を失う。

しかし裏に
石川がツーベースサラサータイムリーで4番ラミレスが2ランであっさり追いつく。
これはまさかの乱打戦と思われた2回

三浦は先頭の野村にまさかのツーベースを浴び
丸を打ち取るもその後4連打で4失点。結局2回7失点で降板。
慌てて緊急登板のブランドンは3~7の5回を2失点で締めるも試合は9-4でボロ負け。

地味に黒羽根にHRが出ましたw

チーム投手防御率は3.82。
まだまだ全然大丈夫だ…
チーム打率は.231 これは最下位…

新外国人シモンズ…とは(5)

新外国人のシモンズに先発を任せてみた。
シモンズはストレート、シュート、カットボールなど速い変化球しか持っていなくて緩急を使えない投手。いかにつまらせることができるかが見どころかと投手コーチは思っていた。

1回荒木、大島、平田とまさかの3者連続三振!!これは当たりではないかと某掲示板にスレ乱立。

シモンズ3者連続三振wwwwwwwwww
シモンズとかいう大エースwwwwww
【朗報】超優秀助っ人外国人がDeNAに
ちなDeだが優勝いける気がしてきた


一方中日の先発は2年目の大野。ストレートに球威が出てきて中々打ちにくいのかな…という感じ。

2回のシモンズはブランコに粘られるもまた三振wwwwwwwwwwwアウト全部三振www
5番・新外国人ゴードンはショートフライ、和田に四球をダスも後続を打ち取る。


打線は大野の前に4回までノーヒット。
5回、円陣を組んだ結果…
ラミレス ショートゴロのあと
吉村センター前
荒波レフトフライ
石川センター前
黒羽根センター前タイムリー
シモンズセンター前タイムリー
金城センター前タイムリー

見よ、これがマシンガン打線だw
2死から4連打で3点を取りリード。

シモンズはその後も安定したピッチングを見せ、6回から7回にかけまた4者連続三振を取るなど史上最高の助っ人と期待が膨らむピッチングで9回被安打4、奪三振11、四球1の完封勝利!

試合は結局4-0で快勝!




これからのプロスピペナント記事の後ろに()が付きますが144試合中の何試合目かってことです

3戦目…乱打戦!?

3戦目は北方(高卒2年目にして覚醒。★62に)とヤクルトは石川。
1回、2アウトから3番ルイーズセンター前(宮本のエラーっぽい感じ)、ラミレスレフトオーバー(なおシングル)と続いて5番吉村がタイムリーツーベース!!
吉村は得点圏でしか打たないけど最高

そして続く筒香は…
ライトへの3ラン!!!
1回に4点も取れるとは!しかも2アウトから!
そして3回はまたも筒香のタイムリーで5-0とする。

しかしその裏ヒット→バント→ヒットで1点を理想的な展開で取られ雲行きが怪しくなっていく。

そんな中5回にまたも吉村がセンター前タイムリーヒットでいいところで追加店を入れ6-1と大量リード。
しかしまだ2年目の北方、自身のプロ初勝利を意識しすぎたか
センター前
ファーストゴロ
ライト前タイムリー
センター前
ライト前
(暴走)
セカンドゴロ
と崩れる。
しかし1点で留め5回2失点で勝ち投手の権利を得てマウンドを降りる。

一方DeNAは6回以降押本→松岡相手に1本もヒットを打てず。

DeNAはリリーフで菊池が2回を2四球も無失点で抑え、8回はセットアッパーの今季初登板、藤江。

しかし調子が悪く
センター前
レフトファールフライ
四球
三振
レフト前
ライト前2点タイムリー
 と打ち込まれ気づくと6-4.差はたったの2点に…

慌てて加賀を登板させ抑え、9回は山口でなんとか逃げ切る。

今季初スタメンの3番ルイーズが4打数2安打、吉村、筒香と期待の和製大砲がお互いマルチ安打と打撃陣は好調。

しかし石川は開幕戦で猛打賞以降いい音が聞こえず…

そして中継ぎ陣にも一抹の不安を覚えながら…次の3連戦へ臨む。
アーカイブ
  • ライブドアブログ